トップページ > ログインメニュー > 新規個人登録

個人登録

本サービスは、この要綱についてご同意いただけた方のみ、ご利用いただけます。
下記の「要綱」をご覧下さい。

同意される方はページ下「同意する」ボタンを押して下さい。


トットリズムサイト登録要綱

(目的)
第1条 この要綱は、次に掲げる目的のために必要な事項を定めるものとする。

(1)地域づくり活動及びボランティア活動など、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与すること  
を目的とした非営利公益活動に関連する情報を収集し、インターネット等を通じて情報提供することにより、非営利公益活動の促進を図ることを目的とする「トットリズムサイト」(以下「サイト」という。)の設置及び運営
(2)鳥取県内でトットリズム県民運動に取り組む活動団体をトットリズム実践団体として登録し、各種情報の収集と発信を行うことにより、活動団体の活動意欲の向上や、主体的なネットワークづくりに資するとともに、地域力向上の機運醸成を図ることを目的とするトットリズム実践団体登録制度の実施
(3)鳥取県内でボランティア活動を行う団体とボランティアを希望する個人が登録し、団体は各種情報を提供し、個人はボランティア情報を得ることにより、マッチングを図ることを目的とするボランティア活動の活性化

(管理者)
第2条 サイトの設置は、鳥取県が行い、管理及び運営は、鳥取県又は委託を受けた者(以下「システム管理者」という。)が行う。

(活動団体)
第3条 活動団体とは、鳥取県内に事務所を有する又は主に鳥取県内で活動するNPO(民間非営利団体)やボランティア団体、自治会等の地域住民組織、企業など、自発的に非営利公益活動を行う営利を目的としない民間団体で、次の各号に該当しないものをいう。
(1)政治・宗教・選挙活動を目的としている場合
(2)暴力団又は暴力団員等の統制下にある場合
(3)公序良俗に反すると認められる場合
(4)その他、システム管理者が不適当であると判断した場合

(登録者)
第4条 登録者とは、本要綱を承認し、様式第1-1から第1-3までの申請書もしくはサイト内の登録フォームにより登録を行い、システム管理者が登録の承認をした個人もしくは活動団体をいう。
2 システム管理者は、次の事由がある場合には、登録の承認を行わない場合がある。
(1)第15条により、過去に登録を取り消された者から申込みがあった場合
(2)申込みの際に、虚偽の内容を登録した場合
(3)登録した者が実在しない場合
(4)その他システム管理者が合理的事由により、登録者として認めることが不適当だと判断した場合

(登録者への支援)
第5条 システム管理者は、サイトに登録された活動団体(以下「登録団体」という。)に対し、その活動を促進するため、次に掲げる支援を行うものとする。ただし、これによって当該登録団体の活動に支障をきたす場合はこの限りでない。
(1)登録団体に関する情報をサイトに掲載、公開し、情報発信を行う。
(2)登録団体の申出があった場合、活動のPRを行う場の提供や、その団体の主催する行事等の情報発信を行う。
(3)県等が開催する講座やセミナー等、各種情報の配信を行う。
(4)県民や公的機関からの問い合わせに対し、知事が必要と認めるものについて登録事項を提供する。
2 システム管理者は、サイトに登録された個人(以下「登録個人」という。)に対し、その活動を促進するため、次に掲げる支援を行うものとする。ただし、これによって当該登録個人の活動に支障をきたす場合はこの限りでない。
(1)登録個人に関する情報をサイトに掲載、公開し、情報発信を行う。
(2)県等が開催する講座やセミナー等、各種情報の配信を行う。

(利用方法)
第6条 登録者は、自らが行う非営利公益活動に関する情報を登録し、非営利公益活動のために利用することができる。
2 登録者は、他の登録者が登録した情報を非営利公益活動のために利用することができる。

(遵守事項)
第7条 登録者は、サイトの利用にあたっては、この登録要綱、利用上の注意などの諸規定を遵守するものとする。
2 登録情報は、非営利公益活動のために提供されるものであり、登録者は、サイト利用の資格や権利を営業目的に利用したり、第三者に譲渡、貸与、名義変更などをすることはできない。

(登録者の届出義務)
第8条 登録者は、団体名(氏名)、代表者名、住所、電話番号その他の登録情報に変更(マイページにおいて編集可能な情報を除く)があった場合、または登録を取り消す場合は、速やかにその旨をシステム管理者に届け出るものとする。ただし、登録者が届け出ることができない場合は、代理人により届け出ることができる。

(ID及びパスワードの交付と変更)
第9条 システム管理者は、登録者に対し、サイト内に登録する場合にはIDとパスワードを付与する。ただし、様式第1-3により登録する場合には、IDとパスワードを付与しないものとする。
2 登録者は、自らIDを設定・変更することができる。

(ID等の管理)
第10条 登録者は、自己の責任においてID及びパスワードを管理するものとし、第三者の不正使用によりシステム管理者、他の登録者に損害を与えてはならない。
2 ID及びパスワードの使用上の過誤、第三者の不正使用等による損害の責任は登録者が負うものとし、システム管理者は一切責任を負わないものとする。

(登録者の責任)
第11条 登録者がサイトを利用して非営利公益活動を行った場合におけるトラブル、事故等については、その活動を行った当事者間で解決するものとする。

(ボランティア活動保険への加入)
第12条 登録者がサイトを通じてボランティア活動を行う場合は、ボランティア活動保険に加入することを推奨するものとする。

(メールマガジン等の利用)
第13条 登録者は、所定のフォームにメールアドレスや住所を登録することにより、非営利公益活動に関する情報等を掲載したメールマガジン等の配信を受けることができる。
2 登録者は、メールマガジン配信等の停止を希望する場合、または登録したメールアドレスが変更になった場合は、速やかにその旨をシステム管理者に届け出るものとする。
3 システム管理者は、次の各号のいずれかに該当する事由があると認めたときは、メールマガジン等の配信を解除できるものとする。
(1)メールアドレスや住所の誤りまたは廃止等により、配信したメールマガジン等が到達不能となったとき
(2)第15条により、サイトの利用の停止または登録者の取り消しをしたとき
(3)その他、メールマガジン等の配信を継続することが不適当な事由があるとき

(情報の訂正等)
第14条 システム管理者は、登録者が登録した情報について、次の各号のいずれかに該当する場合においては、登録者に通知し内容の訂正を求めるものとする。ただし、登録者が内容の訂正に応じない場合は、システム管理者が削除することができる。
(1)法令に反すると認められる場合
(2)公序良俗に反すると認められる場合
(3)犯罪的行為を誘発すると認められる場合
(4)第三者に損害又は不利益を与えると認められる場合
(5)政治・宗教・営利を目的とする利用を行っていると認められる場合
(6)記載された内容が虚偽である場合
(7)その他、システム管理者が不適当であると判断した場合

(利用停止又は登録の取消し)
第15条 システム管理者は、登録者に次の事実があると判断した場合には、予告なしに当該登録者の登録した情報を削除し、若しくは当該登録者に対しサイトの利用の停止又は登録者の資格を取り消すことができる。
(1)入力されている情報を不正に改ざんした場合
(2)他の登録者のID又はパスワードを盗用した場合
(3)サイトの運営を故意に妨害した場合
(4)第三者を誹謗中傷していると認められる場合
(5)その他、システム管理者が、著しく不適当であると判断した場合

(公開情報)
第16条 サイト上に公開する情報は次のとおりとする。(様式第1-3により登録する場合を除く。)
(1)登録者
1.氏名(希望した場合のみ)
2.ニックネーム
3.ひとことPR(希望する活動)
4.住所(希望した場合、県名および市町村名のみ)
5.活動内容等(活動地域、活動分野、活動曜日、活動時間、活動歴、資格等、条件等、ボランティア活動保険への加入の有無)

(2)登録団体
登録された情報のうち、担当者連絡先を除くすべての情報。ただし団体の住所、連絡先は希望した場合のみ公開。

(情報提供内容の変更又は停止)
第17条 システム管理者は、システム管理上必要と認められる場合は、提供する情報内容(メニュー)を変更または停止することができる。
2 システム保守の必要により、または天災その他システム管理者の責によらない事由により、システム管理者は登録者に通知することなくサイトの一部またはすべての提供を一時中断、遅延、停止することがある。これにより登録者に損害が発生したとしても、システム管理者は一切責任を負わない。

(個人情報の保護)
第18条 システム管理者は、鳥取県個人情報保護条例(平成11年鳥取県条例第3号)等に基づき、登録者に対して利用目的をあらかじめ明らかにし、収集した個人情報は当該目的の範囲内で取り扱い、登録者の同意なく、その範囲を超えて利用してはならない。
2 個人情報の管理は、システム管理者が行い、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ利用者本人の同意を得ずに第三者に提供してはならない。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得る事が困難であるとき
3 サイト内での個人情報は、次の目的で利用する。
(1)登録者用コンテンツおよびサービスの提供
(2)メールマガジンの配信
(3)各種情報等の電子メール、ファクシミリまたは郵便等による提供
(4)ボランティアコーディネート
(5)その他業務遂行上必要が生じた場合の登録者への連絡
4 システム管理者は、個人情報を外部からの不正アクセスから守り、データの流出が発生しないよう厳重に管理するものとする。また、個人情報の取り扱いを含む業務を他者に委託する際は、委託業務遂行以外の目的で個人情報を利用せず、個人情報が漏えい・流出することのないよう、適切かつ厳重な取り扱いを委託先に義務付けるものとする。

(損害賠償)
第19条 システム管理者は、サイトの利用に関して生じた登録者のすべての損害に対し、いかなる責任も負わず、また一切の損害を賠償する義務がないものとする。

(知的財産権)
第20条 サイト及びその提供するサービスに含まれるコンテンツに対する著作権その他知的財産権は、システム管理者に帰属する。
2 登録者は、システム管理者の承諾がある場合を除き、サイトを通じて入手した情報を複製し、販売し、出版し、送信し、その他登録者としての利用以外の目的で利用することはできない。

(システム不全)
第21条 サイトのサーバー不具合、サービス停止等のシステム不全が生じた場合は、システム管理者が処理にあたるものとする。

(登録要綱の変更)
第22条 システム管理者は、登録者の事前の同意を得ることなく、この要綱の一部もしくは全てを変更することがある。この要綱を変更したときは、システム管理者は登録者に対し適宜定める方法により、その内容を公表するものとする。
2 変更に同意できない登録者は、所定の手続きにより登録の抹消ができる。ただし、変更の公表後にサイトを利用した登録者ならびに公表日から一週間以内に取り消し手続きを取らなかった登録者は、当該変更を承諾したものとみなす。

(準拠法および専属的合意管轄)
第23条 この要綱に関する準拠法は、日本国内法とする。登録者とシステム管理者の間で訴訟の必要が生じた場合、鳥取地方裁判所を登録者とシステム管理者の第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

附則
本要綱は、平成25年1月30日から実施する。

附則
本要綱は、平成26年3月14日から実施する。

附則
この要綱は、平成26年6月27日から施行する。

附則
本要綱は、平成28年4月1日から施行する。

要綱の内容をご確認いただき、同意頂ける項目にチェックを入れ「同意する」ボタンをクリックしてください。
※個人登録を行うには全ての項目に同意して頂く必要があります。
もどる

鳥取力実践団体 現在参加中の団体の登録数・・・
一般の方及び企業の方
活動団体の方
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30